「ダイエット薬」とは?

市販に出回っているダイエット薬は、種類が豊富ですが、機能面で大きく食欲抑制剤、脂肪吸収阻害剤、熱生産促進剤、Green Tea粉末などに分類できます。

肉が蒸れるような根本生活習慣や原因を把握して直そうと努力なしにダイエット薬だけ服用する場合、一時的に体重は減少することがありますが、3ヶ月以上服用すると体内で耐性が生じ、初めより効果が徐々に低下するようになります。

たとえば根本的な肥満治療とは言えませんが、肥満度がひどすぎるか合併症、暴食症がひどい場合、薬物治療が必要な場合があります。 特に誤った食習慣や暴食習慣を改善しようとする場合は、改善期間中に薬の助けをかりることができます。

ダイエット治療例

ナサランにご来院の際は、体重、体脂肪率、体脂肪量、除脂肪量、体水分量を詳細に測定します。
ダイエットをしながら体脂肪と共に体水分量も減ることになるが、脂肪が減らずに主に水分量だけが減る場合は誤ったダイエットです。

ダイエット薬処方の原則

・肥満度、食習慣、ダイエット薬服用機、病歴など把握して個人別のカスタマイズ処方をします。薬を段階的に増量し、効果を高め、副作用を減らします。

・薬のコストを考慮し、過度に薬の数が増加しないように処方します。利尿薬をルーチンとして処方しません。

・減量後のヨーヨー現象防止するために治療戦略を提案します。薬物療法を通じて食習慣の改善に役立ちます。2ヶ月服用時体重の10~15%減量を目指します。

before1
after1
before2
after2
各種フォームからの個人情報の保護を強化し、お客様に当サイトを安心してご利用いただけるようにSSLを導入しています。

■アクセス

【お問合わせ】
TEL:02-318-0678
nacli7@hotmail.com

<新住所>ソウル市中区退渓路109 2431ビル 6F
<旧住所>ソウル市中区忠武路1街24-31

地下鉄4号線 明洞駅 5番出口より徒歩1分

日本語可能なコーディネーター

【診療時間】
平 日:10:00~19:00|水曜日:15:00~19:00
土曜日:10:00~14:00|昼休み:13:00~14:00

【休 日】
毎週日曜日、祝日、1月1日、旧正月・秋夕

※必ずご予約の上、ご来院ください。